○Mizu

これまで何度か水の不思議について

記載したことがありますが、

(例えば、
 「ありがとう」と語りかけ続けた
 水が凍るとき、きれいな結晶になったり、
 その逆はその逆となる場合があるようです。
 などなど)

今回、追加で思いつくことがありましたの

投稿いたします。

湿度計なるものがあると思います。

皆さんの家の部屋にもあるかもしれませんね。

最近、特に湿度を注意してみておりましたが、

今の時期ですと、私の住んでいる地域では

ほぼ、60%前後のときが多いようです。

※天気により左右されます。

なお、相対湿度というものの定義は

以下のようです。

『相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における

 飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。』

中学校で習ったような習っていないような^^

気がしますが、詳細は割愛します。

さて、

ここから話は、ぶっ飛びます。

上記の定義にもありますように、

みなさんの周りにある空気の中に、

水蒸気なる水が存在しています。

ほぼ目には見えていません。

ただ、間違いなくすぐ近くに水が

存在しています。

この水。

根拠も何にもないのですが、

水には、通信機能的な役割が

実はあるような気がしています。

偶然にしては出来過ぎたこと、

シンクロニシティなども

ある意味、この水と水の

やり取りで引き合った結果かも

しれないと。。

また、

先日私自身にもありました、

数ヶ月連絡を取っていない先輩の方に

メールを出したところ、ちょうど相手も

私にメールを書こうとしてらっしゃった。

こういうのも、

何か”水”が少なからず関与している

のではないかと感じています。

他のイメージでは、

Aさんという方が、

Bさんについて考える。

これはいい方を変えると、

Aさんという水の性質を持った人が、

考えるということを通して、

Bさんについての波をAさんの頭や

身体の水に及ぼした。

すると、Aさんの頭や身体から

Bさんへの波動が水を通して外へ出る。

そして、今回気づいたのが、

この「水蒸気」。

Aさんから出た波動は、

水蒸気を伝わって、高速でBさんの

ところへも届く。

その届いた信号を、受信機である

Bさんの身体や頭が受け取り、

脳でそれを直感する。

イメージや言語化されて認識に到る。

もしかすると、

このような構造があるような^^

そのような気がしました。

ときに、

目標達成のある分野においては、

宇宙に、

願っていることを投げかけましょう。

願いがかなった状態であることを

投げかけましょう。

といった内容があると思いますが、

これも、

ある意味、自分から外に対して、

願いがかなった状態の波動を水を通して

出して、それを自分自身で受け取っている。

そのような気がします。

っと同時に、

懸命な読者の方はお分かりのように、

関係のほとんどない他の方々(水)も

その放出された波動を受け取っています。

認識には滅多に上がらないレベルで。

ですので、

この世界は、無数の波動が行き来している。

水をとおして。

携帯電話の成り立ちは、

水の通信と同じような仕組みを、

技術的側面から実現した。

そのような気がします。

また、

水には記憶に関する要素も含んでいる

ような気がします。

人が記憶する、動物も多少は記憶が

ありそうですし、

本能的な意識下の記憶は動物も

しっかり持っています。

専門分野ではないので予測でしかないのですが、

神経などもあるかとは思いますが、この水。

それがかなり記憶にも絡んでいるような

気がしています。

そういえば、

動物と話ができる。

そういった方がテレビに出ていましたね。

本当かどうかは分かりませんが、

もし、仮に本当であるとすると、

この、水を使ったコミュニケーションを

使っているように思われます。

少し話しが変わりますが、

神棚や仏壇にお供え物をする際に、

ふと思いました。

「必ずそこには水がある。」と。」

そして願い事やご報告、感謝などを

お伝えする。

科学ではまだ行き着いていない

領域だと思いますが、

水には

そんな不思議な性質がありそうです。

水には、

拡散と記憶の性質がありそうですので、

できる限り、よきことを考えたいと。

自省を込めて。

何か皆さんの考えるきっかけになりましたら、

幸いです。

いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

感謝いたします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大