○複数の正解がある

ある朝、職場でいつものように

掃除をしていたとき、

掃除時間でもあるし、

埃も舞うので朝の外の新鮮な

空気を入れた方がいいと思い、

自動ドアの電源をOFFにして、

閉じていた透明なドアを手動で

開けて空気が通るようにしました。

そうして、掃き掃除や拭き掃除を

進めていると、しばらく経ってから、

なんと、自動ドアが閉まって

いくではありませんか。。

どうも、どなたかが、

自動ドアの電源を入れ

なおされたようです。

一瞬、なんで??

そんなことをされるんだろう??

っと感じましたが、

もう一つの考えが直後に

頭に浮かびました。

「あ!それも正解なんだと。」

っというのも、

電源をONにされた方は、

自動ドアの透明なガラスを

拭き掃除されている担当の方でした。

自動ドアの全面を拭くためには、

電源ONすることで、一旦ドアを

閉じる必要があったのです。

※もちろんそのあとは

 開いてくださいました^^

そして、

おもしろいなぁ~っと感じました。

自動ドアのドアを開けるのも正解

自動ドアのドアを閉めるのも正解

抽象度を上げて考えると、

このような正解は無数にあるのでしょうね。

ある側面からの正解と正解を主張しあって

平行線をたどったり、衝突していては、

時間がもったいないので、

相手の立場に立って相手の正解を考えたり、
(理解できれば譲り合える)

正解と正解の間を橋渡しする

コミュニケーションをとることが

重要だと感じました。

何か皆さんの考えるきっかけになりましたら、

幸いです。

いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

感謝いたします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大