○いま、あるものに感謝

今回のような内容はこれまで

何度も品を変え、形を変えて

書いてきたと思います。

?

ただ、人間悲しいかな、
忘れてしまう動物です。

?

ですので、

再度意識上に上げるために

今回も記載させていただきます。

?

先日車を運転しているとき、

ふと、感謝を感じました。

?

うまく言えませんが、

例えば、自分の運転している手の指、

1本1本があることについて

感謝しました。

?

そこからは、思考を使って、

抽象度を挙げて考えてみたところ、

?

いろいろと感謝することが

浮かんできました。

?

いま、こうやって目が

見えていることについて、

足が使えていることについて

普通に車を運転できている

ことについてなどなど

?

おそらく、以下の本を読んだ影響が

遅れて出てきたのだと思います。

?

『大人のための「いのちの授業」

(小児がんで娘を亡くした

  私が伝えたいこと) 』

http://amzn.asia/52358Fb

?

内容の詳細は割愛させて

いただきますが、

?

こころに深く響きました。

?

短い言葉にはまとめきれませんが、

?

『ふつうのことは、

 実はふつうではない。』

その本に出てくる様々な方の

様々な場面を認識できたことで

そのように改めて感じました。

?

生まれた以上、本当は

いのちにも期限があるはずですが、

それをあまり意識していない。

?

ある意味、それはいただいたいのちに

もったいないことをしているような

感覚を受けました。

?

やはり、

いま生きているうちに、

できることはしっかりと

やっておきたい。

?

頂いたいのちが精一杯輝くように。

?

身体の全体や一部の機能が

低下していくことは自然だと思います。

?

ただ、それぞれのステージにおいて、

何か身体を活用できることも

たくさんあると思います。

?

いま、

ふつうに当たり前のように

使用している身体さん。

?

これも本当は奇跡的なことだと思います。

また、ご先祖、ご両親、親族、

住む家や、身の回りの水、太陽、緑、

友人、知人、職場の方、動物、

などなども

決して当たり前に存在している

わけではないと思います。

?

それらがあってこそ、

影響しあってこそ、

いまの自身が存在させていただいている。

?

そう感じます。

?

もし、

それらの要素のどれか一つでもが

欠けるとき、

それまで感謝の念をもって

生きてこなかったら、おそらく、

こころは大きく揺れることと思います。

突然、失ったことに対して。

?

それも一つの学び

ということかもしれませんが。

?

逆に、日々感謝の念をもって

過ごしていた場合、こころは揺れるとは

思いますが、あるべきところへ戻る。

そのように自身の心に現実を受け入れ

やすいような気がします。

?

また、ある意味では、感謝することは、

何もないところに近いところに、

自身の基準を持っていく。

そのような気がします。

?

何もないという境地を出発点として、

基準点として周りを捉えられたならば、

いま、あることすべてが在り難い。

自然に感謝が湧いてくるような気がします。

そして、それは、

よりよい人生につながるような気がします。

何か皆さんの考えるきっかけになりましたら、

幸いです。

いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

感謝いたします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大