○やはり、できるときにしておく

わたくし事ですが、

先日、ちょっと重い荷物が

勢いよく落ちてくるのを

両手で受け取ったときに、

どうも、右手の手首あたりを

痛めたようです。

手をついたり、重いものを持つと、

痛みが走ります。

そう大した痛みではないですが、

最近、このようなケガ系の痛みがなかったので、

少し気になります。

それとは別に、その重い荷物を二つ

一気に抱えたとき、腰にピキッっといった

独特の感覚が走りました。

おそらくぎっくり腰まではないと思いますが、

きっと類似のものだと思われます。

これらは自分自身(内なる)の現象ですね。

一方、

ある年配の方のお話で、

その方のお母様が足を骨折されて、

普通に歩けなくなるだろうとのこと。。

今までは別居だったが、退院後も

その生活を継続することは現実的には

困難であろうとのことでした。

さらにその方の奥様のお父様が

認知症になりつつあるそうです。

その方も忙しくされていらっしゃる中、

プライベートな面でもそういった

避けられない状況があるようです。

これらは、ある意味、外的な現象とも

言えるのではないかと思います。

上記のように、

決してあまり明るいとは言えない

例をいくつか並べさせていただきましたが、

現実問題そうなることもあるようです。

いまは、全くそういった問題に直面していない

方もあられるかもしれませんが、ずっと

そうならないとは言えないと思います。

いま、こうやって

ブログを記載できることも、

ある程度の余裕があるからこそできること。

その内外の余裕に深く深く感謝しながら、

いまできることを、しっかりと気を入れて

実践する。

そのような心の姿勢と行動が

重要ではないかと感じました。

何か皆さんの考えるきっかけになりましたら、

幸いです。

いつも最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

感謝いたします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大