○形容詞についての気づき

先日、

車の中でいろいろとひとり言を

録音していました。

具体的な内容は忘れましたが、

『ある同じ数字の値を見て、

 それが「大きい」という人もあれば、
 
 それを「小さい」という人もいる。
 
 人それぞれである。』

っといったことを話しているときに、

ふと、「あ!」っと思いました。

あらためて冷静に考えてみれば、

自明なことではありますが、

「大きい、小さい、高い、低い」などの

形容詞は、ある基準点と比較して

使われる言葉である。

そのような性質を形容詞は内包している。

っと。

※何をいまさら当たり前のことを。。。
っと思われいらっしゃる方にはすみません。。。

ただ、自分の中では、

結構ヒットした瞬間でした^^

「早い、遅い」などの形容詞を、

人が発することばを聞いて、

一喜一憂することもありますが、

その瞬間に、一歩引いて、

この「形容詞」の性質を考えられれば、

それは、その言葉を発している方のある基準を

基にして発せられていることなのだ。

そして、その基準は往々にして暗黙の状態である。

などを反応する前の思考で

考えることが出来れば、

多少は冷静に受け止められるのではないか

という気がしました。

また、逆に、

自分が何かことばを発するときには、

そのあたりの形容詞の性質を多少意識しながら、

言葉を使えたら。っと感じました。

何か皆さんの考えるきっかけになりま
したら、

幸いです。

いつも最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

感謝いたします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大