○自身の才能を振り返る

前回は写真を見て振り返ることについて

少しお話させていただきました。

今回は、少し関連しながらの続きになります。

いまはすっかり記憶の深いところに

しまわれて思い出せないかもしれませんが、

小さい頃、得意だったことや

夢中になれたことなどはなかったでしょうか。

当時の自分ではまさに自身の中に居たので、

自分ではなかなか自分の才能に気づくことが

難しかったかもしれませんが、

(渦中にいるときは気づきにくいので)

数年、数十年くらいしばらく時間をあけた

ところから俯瞰してみると、

かなり客観的に自身の才能を

見れるような気がします。

私の場合では、

身体を動かすことについては、

幾分か才能があったのではないかと

思っています。

それから、比較的健康な身体もでしょうか。

こちらは生み育ててくださった親に感謝です。

あとは心の特徴として、

集中力がある、粘り強い(諦めが悪い^^)

真面目?^^、大雑把、楽観的なども

あるようです。

あまり昔の記憶は明確ではありませんが、

都度都度記憶の中で過去を高速追体験しながら、

かつ、TVを見るが如く客観的に観てみると、

自身の才能や特徴、または、そのヒントに

いくつか気づくことが出来るかもしれません。

できれば、

才能を観る時と同時に、

何を志向していたかも気づけると

なおよさそうですね。

同じような定義はよく見ますが、

いま考えたところでは、

「才能、したいこと、ひとのためになること。」

これらの領域が重なりあうところあたりに、

充実感をより強く多く得られるような

それぞれの「ところ」があるのでしょうね。

いまの知識や意識で「ところ」を探すのも

一つの方法かもしれませんが、

意外と、以前の知識や意識の自分を客観的に

観ることでも、「ところ」へのヒントが

得られるかもしれません。

何か皆さんの気づきや、

考えるきっかけになりましたら幸いです。

いつも最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

感謝いたします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大