○未来への「時間投資」

前回の投稿では、

現在、未来、そして過去のどこに

焦点を当てていることが多いでしょうか。

という問いかけをさせていただきました。

今回も関連して話をさせていただきます。

いきなり例え話からですが、

仮に、1000万円の収入があったとします。

その1000万円はあなたが自由に使って

いいものとします。

さて、どのように使いますか。

これまで、
どこかで聞いたようなお話ですね。

・全部貯金するという方

・一部を寄付するという方

・全部使ってしまおうという方

・好きなことをに使うが、

 一部は残しておくという方

などなど

いろいろな答えがあるものと思います。

そして、それのどれもが

その方にとって正解といえると思います。

では、

この1000万円のお金が、

仮に1000時間だったとしたら。。。

この自由な1000時間をあなたは、

どのように使いますか?

っという問いが、

ふと、頭に浮かびましたので、

今日シェアさせていただきました。

前回の話に似てはいますが、

前回の話よりももっと突っ込んだ

内容ではないかと思っています。

さて、話を戻して、再度質問いたします。

自由な1000時間。どうされますか?

上記のお金のときと同様、

こちらの時間の単位の場合でも、

さまざまな答えがあると思います。

そして、それはその方にとって、

正解であると思います。

ただ、この投稿をここまで

読んでくださるような意識の高い方は、

きっと、未来への投資の時間を

確保されているのではないでしょうか。

私も上記問いに対しての答えの中に、

未来のための今の投資時間が大切では

ないかと感じました。

っと同時に、その視点からすると、

まだまだ反省点だらけの自分の時間の

使い方であると、再認識させられた

次第です。

お金では非常にわかりやすいのでは

ないかと思います。

もっているものをすべて使い切らずに、

大切に未来にとっておこう。

後で使うかもしれないから。

後で必要になるかもしれないから。

という具合に。

しかし、日々の時間に対して、

そのような姿勢で向き合ってきたか。

そう問われると、下を向いて

しまいそうです。。

分かりにくいので再度ことばにしますと、

未来のためになる時間の使い方を

いま、どの程度行っているかどうか。

ではないかと。

少なくとも24時間のある一定の割合は

すでにあると思います。

ただ、本当は、その割合でいいのか?

と考えてみることも時に必要そうです。

目標とのギャップを埋めるに足る

時間の使い方なのかと。

そう考えると、目標を掲げる効能の一つは、

この未来のための日々の時間投資の割合を

半ば強制的に上げることにある。

とも言えそうです。

あらためて、

目標を考えて、日々の時間投資と

連動させれるようにしたいと思います。

深い自省を込めて。

と書きつつも、

未来のことばかりに偏りすぎるのも

いけないかと思っています。

人生、いまを楽しむことも大切ですからね。

何か皆さんの気づきや、

考えるきっかけになりましたら幸いです。

いつも最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

感謝いたします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大