○耳活(耳学習)のすすめ

人が物事を学ぶ際、

いろいろな方法があると思います。

ここでは、

私の私見にはなりますが、

「 耳から学習する。 」ことをメインに

ご紹介させていただきます。

みなさんや、みなさんの周り方の

現実・未来で必要とされる

学習すべき内容に対して、

「耳活(耳学習)」が生かされることが

ありましたら幸いです。

>>

まず、

世間には、書いて学ぶ、読んで学ぶ、

体験して学ぶなど様々な学習方法が

あると思います。

人がどのようにして学ぶのかを少しだけ

細かく考えたとき、人が学ぶときには、

五感を使って学んでいる。

と思います。

目、耳、鼻、口、手
(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)

その中で、

例えば、資格学習や語学学習など、

ある特定の分野(※)に制限されはするものの、

「耳から学ぶ」ことで効果的に学習できる

分野も少なからずあるようです。

※例えば、料理、実技を伴なう野球、
 サッカー、機械の操作・運転などは
 あまり適していないと思われます。

 ただ、その行動に移るまでの
 知識習得の段階においては有効と思われます。

また、人それぞれに、

自信の得意とする「感覚」があるようです。

ちなみに、私は耳がおそらく、

私の得意とする感覚ではないかと

勝手に思っています^^

ここまででお伝えしたかったことは、

「耳学習」(自称)という有用な学習方法が

ありますが、

その仕様時の制約的な要素として、


この方法は万能ではなく、むしろ、

その対象を選びます。


また、

この方法は、万人に有用ではなく、

耳から学習しやすいと感じる方向けの

方法になると思います。

上記①、②をクリアされるような場合は、

以下、耳学習の詳細について

続きをお読みください。

とはいいましても、

簡単極まりないものです^^

視点ごとに、

ご紹介させていただきます。

◆耳学習のメリット

・「耳の」空き時間を利用できる

  車の運転中、ジムで運動中、料理中、

  通勤通学時など、体は動いいても

  「耳」には空き時間が

  少なからずある。

  ⇒そこを学習に利用する。

・「繰り返し」聴ける

  主に音楽関係、半導体等の技術が

  進み、MP3プレーヤーなるものが登場。

  音楽などを容易に聴くことができ、

  しかも持ち運びもできる。

  再生時間も超長時間。

  ⇒音楽を聴くように、気軽に
   音声を何度も聴くことが出来る。

・「自動で」聴ける

  この要素も非常に重要です。

  本を読む際は、能動的に読んでいく

  必要があります。
  
  それで何度挫折したことか・・・^^

  一方、耳を使った学習の場合、

  「耳の特徴」の「聴こえてくる」を

  利用しますので、再生中の間は、

  自動的に学習状態が継続します。

  ⇒やる気はそういらない。

・「加速学習」ができる

  門外不出としたい気持ちもありましたが^^
  (冗談です^^)

  ご紹介いたします。

  「音声ファイルというものは、
   1.5倍速、2.0倍速等で聴けます。」
   (ご存知の方には、すみません。。)

  文字を読むだけでは、大したことが

  ないように思われるかもしれませんが、

  実際、これは物凄く大きな差です。

  例:
  1日60分耳学習する時間がある人

  A,Bさんがいて、

  Aさん:1倍速
  Bさん:2倍速
  
  で聴いたとしましょう。
  
  1年後、
  Aさん:365時間分の勉強
  Bさん:730時間分の勉強

  になります。
  ※単純計算のみで考えた場合

  同じ時間を同じように過ごして、

  学習量が違うとする場合、一般的に
  
  どちらを希望するでしょうか。

  つまり、学習量が増える。

  繰り返し量が増えることになります。

  ⇒成果に繋がりやすい。

  (補足)
  一時期、耳学習にはまっていた
  時期がありました。

  成功法則・各種講演会・語学等など

  片道60分の通勤中の車の中で聴いて
  いたのですが、収集癖もあり、
  いろいろなコンテンツを聴いていると、
  往復の2時間では全く聴きこなすのに
  時間が足りなくなってきたことに、
  あるとき気づきました。
  そのときから実践しだした技です。
  (とはいえ、ネット検索して
   当時調べたまでですが。。)

まだまだ他にもあると思いますが、

メインで思いつくところをご紹介しました。

◆耳学習の具体的な方法

・CDでそのまま聴く

・MP3プレーヤーに音声ファイルを入れ、
 ヘッドフォンや車のAUX端子と繋いで聴く。

・(MP3プレーヤーで再生するためには)
 聴きたい音声ファイルの

 「MP3ファイル」を作成する必要があります。
 
 ※ことば解説:「MP3」について

 イメージでお話しますと、
 
 音楽CDのデータが700としますと、
 
 MP3へ変換すると、約70に減ります。
 
 要は、データ量が少なく出来ます。
 
 ⇒MP3プレーヤーにたくさん入ります。

 
 それから、
 
 CD⇒MP3ファイルへの変換につきましては、
 
 ネットで様々な方法がご紹介されていると
 
 思いますのでここでは割愛させて
 
 いただきます。

・(倍速で聴くためには)
 MP3ファイルを好みのスピード(1.5倍など)の
 倍速ファイルを作成する必要があります。
 こちらも、ネットで作成方法が紹介されて
 いますのでそちらをご参照ください。

・スマホで聴く
 すみません、スマホでも聴けると思いますが、
 個人的には専用端末で再生したい派なので
 方法が分かりません。

◆耳学習がおススメな理由

当たり前といえば、当たり前ですが、

「人の脳は、繰り返しインプット(入力)されると

 それを覚えてしまう」 ようです。

ただ、私自身をはじめ、

人は物事を地道に継続することが苦手な

面も持ち合わせております。

(そもそも持ち合わせている人は
 このページにご縁がない方だと思いますが。)

「しようと思えば、出来るにもかかわらず、

 それを面倒臭がって実践できてない。」

それらのギャップを埋める手助けになるのが、

この「耳学習」と捉えています。

※上記メリットに記載しましたように、

 現代は繰り返し聴くことが非常に容易に

 なっている時代です。
 
 その便利な時代に我々は生きているからこそ
 
 簡単にできようになった学習方法だと思います。

 (100年前には簡単には出来なかった学習方法です。)


人それぞれに様々な環境があると思います。
各種サポート・ご相談等が必要な場合は、
耳学習サポートのお申込みをお願いいたします。
https://share-bank.com/mimigakusupport/

◆耳学習のデメリット
いい面ばかりを記載してもどうかと思いますので、

デメリット的な内容も少しだけ記載いたします。

・知識面インプットばかりに偏りすぎる
 危険性がある。
 (いわゆる頭でっかち。自省。。)

 ⇒学んだことを現実世界で極力

  実践されることをおすすめします。

◆その他(録音したものを聴く)

話が少し逸れますが、

耳学習を継続していて、

あるとき気づいたことがあります。

それは、

デメリットにも記載しましたが、

インプットだけに偏りすぎていた

自分が居ました。

何事もインプットとアウトプットの

バランスが大切かと思いますので、

近年はボイスレコーダーを使って、

ブログのネタとなる日々の気づきなど

自分の声を録音するようにしています。
マニアックですよね。。

これも録音を実践しだして

気づいたことですが、ひらめきや

気づき等はすごく揮発性が高いものです。

思いついたときに、

声でアウトプットすることは、

紙に書き留めるよりも、

かなり効果的だと思っています。

詳細は、関連記事をご参照ください。

■ 耳学習サポートについて ■
長い長い文章をお読みいただき有り難うございます。

今回、「耳学習」という概念について、

少しでもみなさんの認識が深まり、実生活に

役立つことがありましたら幸いです。

なお、

「耳学習」について、

各種サポート・ご相談が必要な場合は、

下記にてお申込みをお願いいたします。

耳活(耳学習)サポート
このたびは、 「耳活(耳学習)」に興味を持っていただき有り難うございます。  ※「耳活(耳学習)」の詳細については、こちらからどうぞ。耳...

人それぞれに様々な目的や置かれた立場や

状況、そして生活環境などがあると思います。

私の15年近くの少しマニアックな経験が

あなた様の手助けや、成長のきっかけに

なれましたら幸いです。

ピタッと合う方には、

かなり効果波及性の高い投資の一つに

なると思います。

関連記事:

◆効果波及性の高いものから
※作成中

◆愛用のMP3プレーヤー
※作成中

◆アウトプットについて
※作成中

◆愛用のボイスレコーダー&マイク
※作成中

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大